BtoBセールス&
マーケティングカンパニー

インサイドセールス(総合営業)
募集要項

インサイドセールスとは

オンラインコミュニケーション中心のセールス担当

企業の営業において、「非対面」「訪問以外」のコミュニケーションを中心に、あらゆるフェーズを手がけるのが「インサイドセールス」です。

電話、メール、DM、FAX、オンライン会議、コンテンツ提供などを通じて、お客様とダイレクトにコミュニケーションを行い、興味・購入・発注の意欲を高めます。

それらの活ぢょうにより、訪問営業時の成約率を高め、売上の向上に寄与します。サービスやお客様の規模によっては、「訪問なし」に成約までつながることもあります。

その過程においては、営業のプロセス構築からマーケティングとの連携、効果測定、分析、そこから導き出される課題への解決提案まで、企業の営業活動をひとつのプロジェクトと捉え、お客様と共にしています。

私たちの多種多様なアプローチが企業の訪問営業の質を高めることはもちろん、アポイント獲得や直接受注にもつながり、売上向上を実現しています。

営業効率を高める点、訪問せずにオンラインで受注まで行い、リピート発注まで訪問せずに獲得することなどから、「オンラインセールス」「クラウドセールス」「デジタルセールス」などと言われることもあります。

海外ではインサイドセールスの比率が高く、日本でも今後、中心の営業職になることが期待されております。

得られる経験は?

セールスマーケティングのプロになれる!

「セールス」と「マーケティング」がしっかりと手を結ぶことで効果を最大化できるのが事業のセールス&マーケティング活動です。

一方、多くの企業でなかなか「セールス」と「マーケティング」はうまく連携できていない、という話もよく聞きます。
セールスとマーケティングでは、大きく異なる役割を定義されているためです。

インサイドセールスはこの「セールス」と「マーケティング」が重なり合う部分を取り扱う業務になります。
そのため、セールス要素もマーケティング要素も一緒に経験・ノウハウが手に入ります。

セールスの視点、マーケティングの視点、どちらの視点も持っている必要があるため、必然的にセールスマーケティング全体を見渡す視点を持つことになります。

さらに当社は多彩な業界の企業を手がけているため、身につくノウハウも幅広く、非常に奥が深い。

それが魅力でもあり、面白いところでもあります。
現在では1年を超える期間でセールス活動をご一緒したり、年間の計画を指名でプランニングさせていただいたり、大きな役割を担い、お客様とプロジェクトをご一緒しています。

お客様やプロジェクトは?

BtoBマーケティング領域のプロジェクト

BtoBビジネス(企業向けビジネス)を展開する企業様がお客様です。
スマホアプリサービス、webサービス、マーケティングサービス、人事向けサービス、ITサービス、製造業、インフラ事業、医療機器、などを支援しています。

あるIT関連企業の話。この企業の課題はアポイントの質でした。
初期の見込み顧客獲得段階で、いかに提供サービスの興味関心を高めることができるか。
弊社では売り込みによる即時アポイントを控え、情報提供・ヒアリングにより興味のある企業への訪問獲得、というプロセスに変更。

訪問時の顧客の関心度合いが高まり具体的な案件に移行する企業が増加しました。
また別の広告関連企業ではアポ獲得からの成約率に課題があり、ターゲットの絞り込みとセールスプロセスをご提案。
当社が獲得したアポにおける成約率は30%を超え1.5倍以上の効率改善を実現しました。
アポの段階から提案内容の質を高めることで成功した事例です。

あるWEBサービスの企業では、事業開始1年ほどたったストック型(サブスク型)メディアサービスでインサイドセールスを検討。弊社にご依頼いただきました。
開始半年で受注数が弊社への発注額を超え、投資回収を確実にしました。
弊社もさまざまなさらなる受注増への提案を行い、お客様も提案を受け入れて協力体制を敷いてくれることで、継続した受注数の増加に貢献しています。

長期的なセールス&マーケティングの施策と、事業成長を実現したい企業様とプロジェクトをご一緒しています。

 

どんなスキルが伸ばせる?

セールスとマーケティングに関する知識ノウハウが得られる

インサイドセールスと言ってもプロジェクトによって役割が異なります。
大きく3つの役割があります。

①リードジェネレーション
②リードナーチャリング
③エンタープライズセールス(特定企業攻略・総合提案)

新規アポイント獲得のためのトークスキルから、営業の訪問後にどのようなフォローをすれば信頼を獲得でき成約率向上につながるか、そのすべてを学べます。

クライアント企業の営業の下請けではなく、あくまでプロジェクトを共にするスタンスでアウトソーシングを請けるのが当社の業務。
ツール化されたノウハウによって、常に「顧客視点」でクライアントの営業業務をプロジェクトリードするスキルが身につくので、一社にいながらにして様々な企業の営業を勉強することができます。

また、プロジェクトを推進するにあたり、自分たちが楽するため、でなく、お客様の成長に寄与できる提案、であれば積極的に行っていく姿勢です。
現場の声をお客様に提案し、一緒に活動していけることは成長実感もさることながら、成功体験ももちろん失敗体験もたくさん学べます。

 
リードナーチャリングは継続したコミュニケーションから商談を創出する業務です。
実は知っている人と、長くお話して、仕事を創出することは簡単ではありません。

どのようにしたら興味を持っていただけるか、お客様の今の状況に必要性を感じていただけるか、なぜ私たちでないといけないのか。
言われて仕事をもらう御用聞き営業ではなく、サービスを理解していただいた上でご依頼をいただく、相談をいただく。
そのような関係を築くことができるようになります。

 
エンタープライズセールスは大手企業向けに、事業課題を解決する提案を行います。
一般的な課題解決型の営業とも言えますが、実は課題自体を提案する提案営業になります。

お客様が感じていない潜在課題を顕在化させることができるようになります。

 
いくつかのミッションがあり、それぞれレイヤーで必要なスキルが異なり、そして得られるスキルも異なります。

入社後の流れは?

まずは1~3ヶ月後は担当企業のアポイント獲得やフォローアップなどに取り組むことで提案力やトーク術を磨きます。

先輩やプロジェクトチームメンバーがOJTでトレーニングをするので、現場でPDCAを回せ、密度の濃いスキルが短期間で身につきます。

引き続きインサイドセールスのメンバーを増やしていく予定なので、半年後や1年後には後輩の育成にも携われますし、その先には1つのプロジェクトのリーダーになり、推進していくプロジェクトリーダーや、新しい事業、別の部署のプロジェクトに関わるリーダーやマネジャーになることも可能です。

会社の今後の展開は?

クライアントが成長していけば必然的に当社も成長します。

だからこそクライアントの売上向上を考えることが大切。今お付き合いしているクライアントに対して新しい提案・新しい取り組みを行い、パートナーとして長く信頼関係を構築していくことを重視しています。

長い付き合いの企業様をますます増やし、サービスの幅を広げ、着実に拡大していく予定です。

みんなで働きやすい環境を作り上げて、「楽しく」「幸せ」を感じられる会社でありたいですね。

応募方法

お問い合わせフォームから応募する